読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏がニートになりました

起業家になりたい!と仕事を辞めてニートになった30歳の彼氏の観察日記です

【86日目】ニートだけどポジティブに生きてる

ポジティブに生きるのって難しい。

最近ポジティブ感が薄れてきている。

f:id:hosomimimi:20161102214136j:plain

 

なんとかなるさーとそこそこな生き方をしてきたからだと思う。

警察官の父と元保育士の母、4人兄弟の3番目で育ってきた私はしっかり者の兄と自由奔放な姉を見て育ち、要領の良さを学んで弟をこき使ってきた。

そしてそこそこの成績でそこそこの大学まで進学し、そこそこ楽しい学生生活を送ってそこそこの会社に就職したわけです。

それからよくある3年目での転職を果たし今に至る。

私の伝記を書いたら多分小学生の夏休みドリルくらいの厚さにしかならない気がする。

もちろん、何もなかったわけではないけれど、人に自慢できる程の成果や、波瀾万丈は特に無かった気がする。

 

そんなピクニックの丘くらいの苦労しか乗り越えず平凡に生きてきたので自分に自信が持てない。

 

その点、のんちゃんはすごい。

ニートだけど、ちゃんと生きている感じがする。

やりたいことを見つけて、ちゃんと追っかけているし謎の自信も持っているのです。

ちゃらんぽらんな感じののんちゃんも若い頃の経験値は普通の人よりあるらしい。

 

この先私はどんな風に生きたいんだろう?

 

優しい人、余裕のある大人、人を見下したり差別したりしないで大きな心を持ちたい。

そんな感じのイメージしかないから困ってしまう。

 

特に仕事をする上での目標が難しい。

正直役職とかにあまり価値を感じていないし憧れるような先輩もいない。

そんなダメダメな状態なのです。

 

 

そんな時はポジティブのんちゃんに相談だ!

 

 

と、おうちに遊びに行くとのんちゃんは脚本の執筆に頭を抱えていました。

今度は何を始めたかというと・・・映画を作るそうです。

 

よく一緒に飲みに行っていた大学生と一緒に自主制作の映画コンテストに出すらしくその脚本を書いていました。撮りたい映画の予告を作って優勝すると映画製作費として1000万もらえる超太っ腹なコンテストだそうです。

 

「オレ、映画監督になっちゃうかも!」

 

と、やる気だけはあるのんちゃんですが、まったく筆が進んでいない様子。

結局二人で夜中2時までかかって書き上げました。

あれ?私何しに来たんだっけ?

 

夢いっぱいののんちゃん。

夢が叶う日は来るのでしょうか・・・・。  

 

つづく