読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏がニートになりました

起業家になりたい!と仕事を辞めてニートになった30歳の彼氏の観察日記です

【144日目】心が弱い事は良くないかもしれなけど決して悪ではない

つい先日、今年一番心がもやもやする事がありました。

 

のんちゃんのニート記録とは関係ないですがどうしてもこのもやもやを留めて年越したく無くてここで吐き出させていただきます。

 

わたしの働いている会社は割と離職率が高く、病んでしまって突然来なくなる人もたまにいます。

その為年齢層も若いです。

 

みんなまだ若いからなのか、そういう病んで辞めて行く人の事を平気で悪く言うのです。

「責任感が無さすぎる」だとか「みんな忙しいのは同じ」とか‥

 

この前の繁忙期を過ぎた頃から様子のおかしい社員が現れました。仮にMさんとします。

中途社員で入社したMさんとは大して親しいわけではありませんでしたが、いつもニコニコしてすごく感じの良い人でした。責任感も強く頑張り屋さんでテキパキしていてお客さんからの評価も高かったと思います。

しかし繁忙期をすぎた頃から体調不良という事で休みがちになりしばらくすると音信不通になってしまったのです。

それからはもう本人と話しもできない為、退職という事に。

 

Mさんが休みがちになった頃、店舗にクレームが入りました。

以前Mさんが契約した内容でその後なんの連絡もないが大丈夫なのかと。

他の社員はMさんの仕事内容を把握しておらず、Mさんに鬼電して何とか確認。

Mさんは手続きはちゃんと終わっている。大丈夫ですと答えたそう。店長からお客さんに説明。

でも実際は何も手続きができておらずまたクレーム。

またMさんに鬼電するが音信不通。

仕方なく別の社員にて対応する事に。

お客さんは大激怒。

 

という流れでした。

確かに尻拭いをさせられた社員はたまったものじゃないですね。

同僚の若い社員も「嘘つくとかありえなくないですか?!」とか「正直に話してくれればこんなクレームにならなかったのにバカなんですかね」とか平気で言ってました。

30過ぎの上司まで「マジでくそやな。弱すぎ」と言った事にもびっくりしました。

 

私この会社で働いてて大丈夫かなと心配になりました。

 

「そういう判断もできなくなるくらい追い詰められてたって事じゃないですか?」とやんわり口を挟むも「いやいや、そんなの甘えですよー。あずまるさん優しすぎー」と流される。

 

あー、ここの人達は幸い今まで病んだ事がないんだなと思ったのと同時に周りに病んだり気分が塞ぎ込んで何もできなくなる人に出会っても「甘えてるとか心が弱いやつ」で済まして来たんだなぁと感じました。

 

心の弱い敏感な人はどんどん辞めてしまって、心の強い鈍い人が残って、どんどんこんな風潮がこの会社では作られて行くのかなぁ。

 

確かにMさんの心は弱かったかもしれませんが、いつもニコニコ責任感の強い分ダメージも人一倍感じてただろうし、中途社員だから気楽に愚痴を吐ける同期もいなくて辛かっただろうし、決して悪い人ではなかったと思うんです。

少なくとも平気で会社を休み、平気で嘘をつくような人ではないはずです。

会社を休んでいる間も、どうして自分はみんなと同じように働けないんだろう、迷惑かけてみんなに嫌われてるだろうと自分で自分を責めていたんじゃないかと思います。

 

心が強い事が正義で、弱い事が悪なわけがない。

 

そもそも最初のクレームの時点で店長がMさんの異変に気付いて別の社員か自分で対応する判断をしていれば大きなクレームにならなかったし、そんな状態のMさんにまた任せようとするのがおかしい。

 

何より心が病んでしまって辞めて行く人を上からバカにするのは許せなかったのです。

みんなそれぞれ忙しく頑張ってるのに、同僚が突然音信不通になってその尻拭いまでさせられたら嫌味の1つも言いたくなるのはよく分かります。

でもせめて言っていいのは迷惑を被った周りの人だけじゃないかなと。

 

私も前職を辞める少し前、鬱ほどにはなりませんでしたがどんどん気分が落ちていました。

接客業だったのですが、数字ばかり詰められているうちにお客さんと楽しんで話ができなくなってきたんですね。初めの頃は買ってもらえた事が嬉しくて、わくわくしながらお礼状を書いたりしていましたが、だんだん売れない事が怖くなり、買ってもらったらホッとするようになりました。催事のお誘いに何度も電話したり。

中には明らかに嫌がる方もいらっしゃいます。

なんだか自分の性格がどんどん悪くなっている気がして辛くなって。

もちろんキラキラ楽しみながら頑張っている先輩もいたと思いますが、それを見本にしよう!では無く、私にはできないというネガティヴな感情に拍車がかかりました。

 

 電話でのんちゃんにもう辞めたいと漏らした時、のんちゃんは「もう明日から行かなくていいよ!」と言ってくれました。

「いやいや、行くよ。いきなりはダメでしょ笑」と答えましたが内心すごく救われたのを覚えています。

せっかく正社員なのにもったいないとか、もうちょっと頑張ってみれば?とかでは無く、辞めてもいいし辞める事は大した事じゃないと言ってもらえてすごく楽になったんですよね。

私自身何度も、まだ、もうちょっと頑張ってみようを繰り返して逃げる事は悪い事だと苦しくなっていたので沁みました。

さすがのんちゃん。惚れ直しました。

 

話はそれましたが、逃げてもいいし心が周りの人よりちょっと弱かろうがそれは悪じゃない!って言いたかったんです。

病んで自分を責める前に逃げることも必要だし迷惑かけようがそれは自分を守る為にすごく有効で必要な事だと思っています。

 

シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマをせめますか

西の魔女が死んだ』の中の好きな一節です。

 

私は決してMさんもシロクマも責めたくないし周りに染まらないでいようと決心しました。

できるなら周りの人の意識も少しでも変えられたらなと思います。

 

大人の対応だの自立だの周りはごちゃごちゃいうと思いますが、どうしようもなく辛くなったら責任転嫁でもなんでもして逃げましょう!

 

以上

 

 

【142日目】新幹線の車窓からクリスマスの振り返りを

ただいま帰省中の新幹線です。

 

昨日仕事を納め、会社の居心地の悪い忘年会を終えて飲めないビールばかり飲まされたせいで頭痛がしてましたが、夜中にコソコソ荷作りをしてようやく新幹線に乗り込みました。

母からの大量のお土産リクエストも忘れずスーツケースにぶち込んでいます。

 

福岡から京都に帰るときは新幹線が好きです。

本当はLCC飛行機の方が安くて早いんですが、なにぶん実家は山奥の谷間にあるので飛行機の乗り降りの手間や空港からの移動を考えると断然新幹線が楽なんですよね。

福岡⇨京都だと年末年始やお盆も空いてるので余裕で自由席座れます。

 

それに新幹線の中で食べるお弁当が好き。

旅気分が味わえていいです。

 

そして一押しは窓から見えるコンビナート。

 

こんなやつ

 f:id:hosomimimi:20161228133459j:plain

 

f:id:hosomimimi:20161228133602j:plain


きれいなやつがあった

f:id:hosomimimi:20161228133651j:plain

 

夜はもっとすごい

 f:id:hosomimimi:20161228133711j:plain


f:id:hosomimimi:20161228133809j:plain

かっこいー!

 

前半の手ブレの写真じゃなくてちゃんとしたのはいっぱいネットに出てくるから「徳山コンビナート」で検索してみてください。


ちなみに福岡⇨京都の場合は進行方向右側座席

京都⇨福岡の場合は進行方向左側座席を押さえましょう!

 

 

そんな感じで帰省の道すがら楽しんでいますがなんせ暇なのでクリスマスの振り返りをしたいと思います。

 

彼氏ののんちゃんはニートなのでもちろんクリスマスプレゼントはございません。

ニートになる前からもらってませんが‥‥

彼女に物をあげる事を嫌いクリスマスとか誕生日とかそういうのを蔑ろにする節があります。

私としてはまぁまぁ悲しいですが、もうそういう人なのでその点は諦めました。

私自身を蔑ろにしているわけではなさそうなので。

もらえないなら私もあげないスタンスです。

 

「クリスマス何もらったんですか?」

「カバンとマフラー♡」(なんかブランドっぽい)

「へー、私はネックレス♡」(腕時計とおんなじブランドっぽい)

「あ、もしかして今つけてるやつ?」

「「そーなんですー♡」」

という、会社の同僚たちのキャッキャキラキラした会話には微笑み相槌を打って受け流しました。

 

二十代後半となるとけっこうみんないいものもらってるんですねー。

すごいなぁ。

 

のんちゃんはプレゼント交換はしないもののクリスマスはずっと楽しみにしていました。

11月に入ったあたりからワクワクしてました。

理由はケンタッキーが食べられるから。

 

のんちゃんのクリスマスの楽しみはプレゼントでもケーキでも無くもちろん街を彩るイルミネーションでも無くケンタッキーなのです。

カーネルおじさんリスペクト。ケンタッキーがあれば満足なんです。

ちょろいです。

 

24日の朝「今日はケンタッキーだよ!お仕事頑張ってね」とLINEが来ていたので、急いで仕事を片付けてのんちゃんに連絡。

 

「仕事終わったよー」

「おつかれ!」

「帰りに買ってけばいい?予約は?」

「お願いしていーい?予約してないよ、毎年買えてるし」

と、帰り道にケンタッキーに寄っていく事に。

 

予約してないの?

 

一抹の不安

 

 

「ご予約の方でないとオリジナルチキンはお売りできないんですー」と入り口担当のお姉さん。

「こちらの特別セットはございますが?」

とかなり本格的な丸焼き鳥と大量のポテトとデザートなんかのあきらかなファミリーパックを勧められましたが、2人には量も予算もオーバーです。

 

案の定でした。

あれだけ楽しみにしていたくせに、CMでご予約はお早めに!と何度もお知らせされてたのに。

 

のんちゃんが急いで別の支店へ電話してみましたがどこも同じ対応のようでした。

今年からそういう方針になったみたいですね。

ケンタッキーはちゃんと予約していた人達の特権。仕方ない。

 

そういえば若者が外に出なくなって消費しないってニュースで言ってたから、おしゃれしてちょっと良いレストランよりお家でケンタッキーパーティ派が増えたのかもしれません。

 

そんな若者たちのせいでケンタッキー難民になった私達は泣く泣く近所の居酒屋さんで一杯ひっかけ常連のお客さんに年末の挨拶をし、コンビニチキンをかじりWiiスーパーマリオをするという、クリスマス感ゼロのイブを過ごしました。

 

 

来年のご予約はお早めに。

 

 

【127日目】ニートの彼氏が活発に動き出しました

早いものでもう師走ですね。


ニートの彼氏、のんちゃんは最近社長巡りをしています。

 

社長巡りとはその名の通り「いろんな社長さんに会いに行こう」というものです。

社長に限らず、この人面白そうだ!すごいな!と思った人に会いに行くスタンスらしく、SNSでコンタクトをとったりしているみたいです。

 

つい先日はとっても良心的な芸能事務所の女社長さんに会いに行き

「見て見て!俺タレントになった!」

と芸能事務所のホームページに載ったパンパンの笑顔の写真を見せられました。

話が弾んでタレントにスカウトされ、そのまま玄関先で写真を撮ってきたそうで「1番写り悪いやつ使いやがった。こんなに丸く無いはずなのに‥」と毒づいていました。

来週は30代のぽっちゃり役でオーディションがあるそうです。

 

 昨日は投資家に会いに行き、いろんな話を聞いてきたらしくかなり刺激を受けたようです。

「お金持ちはお金持ちになる仕組みを知っててお金持ちになる為の情報がちゃんと手に入るけど、俺たちはその情報を知る機会すら無いからただただずっと働いてるんだよ!俺も投資家になる!だから50万ちょうだい!」と力説されました。


今日は昨日の投資家さんの紹介で若い社長さんのお家にお邪魔したそうで「若社長はね、都会の真ん中にあるおっきなタワーマンションの最上階にあるとっても綺麗なお部屋に住んでてね、スリッパはファンシーなリボンが付いてたからたぶん彼女と同棲してるかゲイだよ」と報告を受けました。

何だか良い感じの投資話も聞いてきたそうな。


そんな感じで最近はフットワークの軽いのんちゃん。

社長巡りで色んな価値観と人脈を手に入れる計画です。

今年いっぱいはニートの予定です。

 

【107日目】ネイティヴな英語を目指すならやってはいけない事

のんちゃんに新しい目標ができました。



それは

 

f:id:hosomimimi:20161123003804j:plain

アメリカ人になる!!

 


無理ですね。

 

のんちゃんは透き通る海と豊かな自然の鹿児島県産なので。

 

つまりは英語をマスターしたいらしい。


のんちゃん人生設計では今はニートですがもうすぐ社長になります。


社長になる

       ↓

つまりBIGになる

       ↓

グローバル?

       ↓

英語話さなきゃ!

 

・・・となったそうです。

今のレベルはたぶん、中1の5月くらい。

あ、でも最近は小学校から英語教育始めてるんでしたっけ?

とりあえずアルファベットとこれはペンですか?いいえ、それはりんごですって言うトンチンカンな会話をマスターしたあたりです。

 

もともとアメリカが好きだったのんちゃんはとてもやる気に満ちおり、最近はずっと電子辞書とおしゃべりしています。

 

そして今日は

「楽しく耳を慣らす為に英語で映画を観ることにしたよ!」

とLINEが入っていました。

なかなかいいアイデアですね。

好きな映画なら何となくセリフを覚えていたりするのであー、英語ではこう言ってたのねーと勉強になりそうです。

 

何の映画かなぁ?のんちゃんの好きなスタンドバイミーとかかなぁ?ディズニーも気楽に見れていいかもなぁ、とお家に帰るとトムとジェリーを見てました。

 

 

トムとジェリーにしたんかぁ。それ好きやもんねー」

「そう!面白いよ。一緒に見よー」

 

小気味のいいBGMをバックにコミカルに走り回るネズミとネコ。

騙そうとしては罠にはまる間抜けなネコ。

それを見て高笑いする狡猾なネズミ。

ザ・アメリカンな表情。

 

 

トムもジェリーもひとっっ言も喋りませんでした。



【100日目】彼氏がニートになって100日目だったけど何てことはない

こんばんは。

ニートの彼氏、のんちゃんを持つあずまるです。


 

30歳を機に起業して社長になる!と会社を辞めて記念すべき100日が経ちました!

 f:id:hosomimimi:20161116203823p:plain

祝3桁!

 

 

特に変わった事はありません。


めげずにコネがあるのかないのかいろんな社長さんに近づているようですが

なかなか出資まではこぎつけず、すねています。

 

ちょこちょこ飲みに出かけては酔っ払い

ゲームをしたり、会う人会う人に太ったねと言われるのでちょっとジョギングに行ったり、ギターを弾いたり、散歩したり、映画見たり。

 

今日はハローワークに「お金ちょうだい。生きるため」とお願いしてきたそうです。

めでたく来月には少しもらえるみたい。

 

 

そんな感じで特にニュースはないので最近相談を受けた不倫について書きます。

 

 

私の友人A子ちゃんは不倫をしています。

A子ちゃんの不倫相手は職場の上司で妻子持ち。ありがちな話です。

しかもその上司は部下(新入社員)に手を出すので有名な人。

不倫だと最初からわかっていたのに今になって別れようか悩んでいると言い出しました。

しかも「別れる事になるなら気まずいから会社を辞める」というのです。

 

 

「何を馬鹿な事ゆってるんだろう」と思いました。

 

 

「最初から不倫てわかってて付き合いだしたくせに幸せな未来が待ってるわけないやん!しかもいっつもいろんな若い子に手出して社内でも有名な人やろ?そもそも右も左も分からん新入社員に近寄る時点で人間性を疑うわ。頼りになって仕事の相談も乗ってくれる良い人?はぁ?!ほんまにA子ちゃんの事考えてくれてるんやったらそんなに軽々しく関係を持とうとするわけないやろ!てか、そんだけ噂のある人なんやったらとっくに社内のみんな知ってるはずやし、あーあの子別れたから会社辞めるのね。くらいにしか思われへんよ!」

と喉まで出かかりましたがそんなこと本人の前で言えるわけもなく・・・。

ただただ話を聞いていました。


 

私は不倫をしたことがないのでどういう心境なのか勝手な想像しかできません。

 

もちろん、出会う順番が違っただけだと運命を感じて略奪や奥さんと別れて不倫相手と結婚したりする人もいるでしょうし、もうそうなればそれはそれで一つの形です。

本人たちが幸せならそれでいいと思います。

 

でもA子ちゃんの相手は絶対そんな感じじゃない。

 

万が一に奥さんと別れてA子ちゃんを選んだとしよう。

でも向こうには子供たちもいる。一度は愛を誓った奥さんがいた。

養育費も払わないといけない。

子供たちから父親を奪ったという罪悪感を無視できるだろうか。

この人は同じようにまた若い子に手を出すんじゃないかって不安は?

私ならそんな不安を抱えながら生活はできないと思いました。

 

しかし、私の偏った価値観をA子ちゃんにぶつけるのも違うんだろうなーとあれこれ考えていると何も大したことは言ってあげられませんでした。

ありきたりで差し障りのない言葉しか出てこない自分にがっかりです。

A子ちゃんだって略奪愛を狙っていたわけではなく、適当におじさんと遊んでやろう的な軽いノリで付き合いだしたはずが、本気になってしまって苦しくなったのかもしれません。

 

バリバリキャリアを積んで、合間に恋愛があればいいかなというタイプではなく、いずれはお母さんにもなりたいと言うA子ちゃん。

客観的に見れば付き合い続けてていいわけないので、その日は

「絶対さっさと別れて別の人見つけた方がいい!時間がもったいない!仕事のことはもうちょっと考えてみよう」

という結論にいたりました。

 

「話せただけでちょっと楽になったわー。またねー」

と手を振ってくれたA子ちゃん。

去り際に「でもあずまるの彼氏もニートやん。そっちは大丈夫なん?」と鋭いボディブローも忘れません。

 

「え?まぁ、のんちゃんは、、これからよ」

 

そうだった。私の彼氏ニートだった。

 

なんだか毎日楽しそうに生きてるしそれが自然になってしまうなんて危ない。

 私も周りから見ればさっさと別れればいいのにと思われていたんですよね。

 

 

クリスマスのわくわくなんか通り越して、帰省の時期が近づくことが怖い。今年は親に何を言われる事か。

 

 

幸せになろうね!と女の友情は深まりました。

 

 

【93日目】ニートの彼氏の二次災害

f:id:hosomimimi:20161109133845j:plain

それは突然やってきました。

 

あれ?右肩の関節が痛いな‥‥

 

最初は筋を痛めたのかなと思っていました。

ちょうど重い荷物を持った後に痛くなったので。

 

変に力が入っただけだろうとほったらかしにしていると、次の日は筋肉痛のような痛みに。

しかもなんか脇のあたりが腫れてる。これはリンパってやつか?

さらに脇の下から背中へかけてがすごく痛い。

 

恐る恐る鏡を振り返ると

 

そこには無数の赤いポツポツが!

 

 

すごく気持ち悪い!

 

 

小ちゃなニキビみたいなのがいっぱい集まっていました。

縦横2〜3cmくらいの密集。

 

横で寝ていたのんちゃんを起こして見せると

「あー!それあれじゃない?不潔にしてたらできるやつじゃない?」

と何とも曖昧でかつ女子が傷つくことを言ってきました。

 

アトピーやアレルギーもあるので普段から肌が荒れやすい方ではあるのですが、見たことのない症状とリンパの腫れ&痛みに怖くなり速攻で皮膚科に行きました。

 

しかし月曜日の診察は混んでいて9時に受付をした時点で2時間待ち!

みんなトラブル抱えてるんですね。

 

やっと私の番になり優しそうな看護婦さんにいざなわれて診察室へ。

看護婦さんに細かく症状を確認してもらっていると、奥からおかっぱ先生が登場。

一目見るなり「あー、ヘルペスだねこれ」と断定されました。

 

「え?ヘルペス?」

 

ヘルペスってあれかな?口にできて痛いやつ?

 

おかっぱ先生曰く、体にできるのは稀らしいのですが、アトピー性皮膚炎の人はなりやすいとのこと。

ヘルペス水疱瘡とかと同じウイルスで一度感染したら死滅することはなく症状が無くなってもずっと体の中にあり、隙あらば表れるそうです。何とも厄介なやつですね。

 

「最近体調崩したりした?寝不足とかが続くと出てくるのよ」とおかっぱ先生。

 

抗ウイルス剤と塗り薬をもらいました。

 

ついて来たのんちゃんは待合室で「まんが日本の歴史第二次世界大戦編」を夢中で読んでいました。

 

 

体調管理は気をつけていたつもりなんですが、確かに最近残業続きで疲れてたのかもしれません。

そして何より寝不足でした。

 

 

原因はのんちゃんのいびきです。

 

のんちゃんは就寝後2時間がかなりうるさい。

そしてなぜが2時間くらいするとおさまります。なので私が先に寝てしまわないとのんちゃんが寝てから2時間は寝られないと言うことです。いびきの原因ももちろん調べましたがやっぱり肥満が1番のようです。痩せるしかないですね。

 

 

のんちゃんにヘルペスだったよーと伝えると

「えー!昨日おんなじバスタオル使っちゃったじゃん!」

と自分の心配しかしてなかったので今度靴に画鋲でも仕込んでおきます。

【91日目】野菜の高騰による食費の危機をニートと考える

私の彼氏、のんちゃんはニートです。

食費もなければ料理もできません。包丁すら家にない徹底ぶりです。

しかも結構なデブなので食生活改善の為、ダイエットご飯を作って届けてあげることにしました。

 

「なんていい彼女なんでしょう作戦」です。

f:id:hosomimimi:20161107180226j:plain

 

さっそく仕事帰りに食材を買いにスーパーへ・・・

 

ところが

 

 

え?野菜、高くない?!

 

 

高い高いとは聞いてましたがここまでとは思っていませんでした。

キャベツ1玉480円て!シールの貼り間違いかと思いました。

 

いつもは近所の商店街の八百屋さんで買うのであまり気にしていなかったんですよね。

逆に激安の八百屋さんの心意気にびっくりです。

 

でも商店街はもう閉まっているし・・・。

スーパーをうろうろ3周くらいしましたが、結局野菜は改めていつもの八百屋さんで買うことにして調味料だけ買って帰りました。

私も薄給のしがないOLなので切り詰めないとやっていけません。

のんちゃんはニートだしいざという時に備えなければ。

 

 

家に帰るとのんちゃんから電話が。

さっそく野菜高騰問題についても報告することにしまいた。

 

わたし  「今日な、スーパー行ったら野菜がすごい事になっててん!」

のんちゃん「え?お祭りしてたの?」

わたし  「ちゃう!高いねん。小松菜が一袋198円やで!」

のんちゃん「え?!スーパーカップ二つ買えるじゃん!」

わたし  「うん、キャベツなんか480円やった」

のんちゃん「へー、ドーナツ4つ買える!」

わたし  「あとな、玉ねぎ一袋350円」

のんちゃん「わー!カントリーマアムも買える!」

わたし  「・・・」

 

のんちゃんは普段野菜を買わないので相場が分からいそうですが

とりあえず小松菜1袋がスーパーカップ2つより高いと言う現状に衝撃を受けていたようです。

 

物の価値って本来はこっちなのかもしれませんね。

人それぞれの好みで価値は変わりますが、金額よりこれとこれは同じくらいかな?と物々交換の感覚で考える方が本来な感じがしました。

浮かんでくるのがすべてお菓子なのはデブの性でしょうか・・・。

 

 

そして次の日、八百屋さんでお野菜調達に成功。

やっぱりスーパーと全然違いました。余裕で3分の2以下の価格。

半額くらいのもあり「一生ついていきます!」と心に誓いました。

 

あとはクックパッド片手に「簡単 野菜 レンチン」の黄金ワードで出てきた料理をちゃちゃっと作って持っていけば、いい彼女アピールの完成です。

幸いのんちゃんは何でもおいしいおいしいと食べてくれる優しい子なので楽勝です。

でも食費はかなりかかります。

うーん、もやしの時代かもしれませんね。

 

 

お母さん野菜送ってくれないかなぁ~